excitemusic

3匹にゃんこと暮らしてます。
by kiwamikoto
ICELANDia
登場にゃんこ
極(キワミ)
05年7月15日生まれ♀
白にゃんこ、ブルーアイ
やきもちやき
2015年7月22日虹の橋へ
命(ミコト)
05年8月15日生まれ♀
さびにゃんこ、グリーンアイ
食いしんぼ
2014年10月18日虹の橋へ
チャイ
05年8月15日生まれ♂
茶白mix、金眼
わんぱく坊主
おデブ街道まっしぐら
2017年7月11日虹の橋へ


************
リンク
太陽日和
預かりニャンコ日記
a respite of life with 2
☆Tink&Bell☆
いつも一緒
ひなた&かのん〜ALWAYS TOGETHER〜
the greek catsギリシャの猫
猫が好きなのょ
ミルキー日記
徒然な日々

ヒマつぶしにどーぞ↓
お気に入りブログ
カテゴリ
以前の記事
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2006年 03月 23日 ( 2 )
キワミ、首輪と戦う。
先月あたりからだったでしょうか、
キワミが首輪を気にしだして外そうとします。
勢い「猿ぐつわ状態」になってしまうのです。

なーんか後ろとか頭上から「ふがふが」という声が聞こえるので
見てみると「猿ぐつわ」
ビックリですよ、も〜アゴ外れたらどーすんの〜?
って何回かあったのでしばらく外していました。(首輪ですよ)

火曜日が休みだったので首輪をして観察していると
案の定「ふがふが」
今回は少し冷静に見てみました。
自分で戻せないようだと本当にアゴ外れるかもしれませんからね〜。

これ、もうすぐ外れそうなトコです。(しつこいようですが「首輪から」です)
f0035603_0515161.jpg

本ニャンいたって真剣なのですが「あっかんべ」状態でカワイイ〜
f0035603_0521028.jpg

結論。
大丈夫でした、自分で戻せます。。
戻しても懲りずに何度か「ふがふが」やってましたが
あきらめてくれたようです。
それにしても何故急に外したがったんだろ?
以前は全く問題なかったのに。。
お風呂入れてしばらくフリーにしたのが原因なのかなぁ?

き:「あ〜ヒドイ目にあったにゃ〜」
f0035603_0542658.jpg

by kiwamikoto | 2006-03-23 00:56 |
字数制限でコメント出来ず。
タイトルの通りで、hongoさんへのコメントです。

hongoさん、ありがとうございます。
まず「完全室内飼い」は自由に外出出来ない状態と理解しております。
決して約束を反故にしているつもりはありませんので、そこはご理解のほど宜しくお願いします♪
私は今回のようなやり方であれば「外に出たがる」ようにはならないと思っています。そこが「ぶるにゃんテリトリー」にならないと思うからです。
確かに自宅からワンコのようにリードを使った「お散歩」をさせれば、家(テリトリー)からの延長になってしまいますので「巡回」をしたがってしまうでしょう。ですが、今回のような「キャリーで目的地へ運ぶ」場合は少し違うと思うのです。
仮に室外への興味という意味合いの「外へ出たがる」であれば、それはすでに「出たがっている」と言っても良いでしょうね、実際日々窓際で外の様子に興味を示していますので。ですが、それで出れないからストレスを受けているようには思えません。
「外に出る慣れ」ではなく「外に出た場合にパニックを起こさない為の馴れ」なのです。うちの場合、可能性として高いのが「帰省」です。
長時間の車での移動、知らない場所への対応、どちらも必要になってきます。
もちろん「全てキャリーの中」という考えもありましょうが、私はストレス度が高過ぎると判断したのです。人間でもキツイものですし。
パーキングでの息抜きもさせてあげたいのです。その場合、ある程度の適応力がなければ簡単にパニックを起こすかもしれません。飼い主側も含めた訓練として考えているのです。
以前は3日以上であればペットホテル、ペットシッターという選択をしたと思いますが、ネットを巡回してみると「脱走」「感染」ひどい話だと預け先の不注意で「死亡」というのも目にしました。
長時間の移動や新しい場所でのストレスということを考えても、心置けない他人の手にぶるにゃん達をゆだねたくないというふうに考えが変わりました。
もちろんそんな事例は一部の事でしょうしペットホテル、ペットシッターの方からはお叱りを受けてしまうかもしれません。
現在のところは留守中家に泊まってもらえる協力者のおかげで全く不自由はないのですが、この先都合が合わないことも出てくるでしょう。
その時になって「どうしよう」とは言いたくないのです。
思いがけない災害なども無いとは言えないわけですし。。
おっしゃるように「万が一」は想像したくありませんが、イメージして対策を練ることで「万が一」になるのです。そうしなければ「十が一」かもしれません。
「ハーネスがあるから逃げられない」と考えるのではなく「ハーネスがあっても抜けることがある」と考え対策を練ることが大切だと思うのです。
長くなってしまいましたが、私の考えは概ねこんな感じです。
by kiwamikoto | 2006-03-23 00:38 | ぶるにゃん